分割払いとリボ払いの借入残高の違い

お金を借りた後、まだ返済していない分の金額を、借入残高といいます。毎回の返済額の計算で使われる、重要な要素になります。一括払いや分割払いなどの方法でこの借入残高を返済していくことになりますが、ポイントとなるのが分割払いとリボ払いの考え方です。

1回で支払いが完了する一括払いなら、完済した時点で借入残高がゼロになりますので、とてもわかりやすいといえるでしょう。しかし、分割払いやリボ払いは月々の返済になりますから、借入残高がゼロになるまで日数がかかります

分割払いの場合だと、最初にお金を借りた時点で支払い回数が設定されますので、その回数分の月々返済を実行していけば、徐々に借入残高が減っていきます。一方のリボ払いは、必ずしも残高が減るとはいえません

リボ払いは契約中の借り入れのすべてが借入残高として計算されますので、借りれば借りるほど残高が膨らみます。期日に返済したとしても、返済した元金よりも多くの借り入れをしていれば、残高が以前よりも増えている状態です。

この時に注意したいのが、借入残高に対して利息の計算が行われる部分です。日割り計算で算出されますが、確定日の時点における残高と、金利や返済期日までの経過日数を使って計算することで、利息が判明します。

残高が多いほど利息が高くなる仕組みですから、いつまでも残高が減らなかったり逆に増える結果になれば、利息の負担が雪だるまのように膨らんでしまいます。この部分が分割払いとリボ払いの違いです。リボ払いは返済額が増えるリスクが高いといわれている理由がここにあります。

リボ払いで利息を抑えるなら、頻繁に借り入れを利用しないことです。特に繰り返し利用できるカードローンで発生しやすい問題ですので、気を付けましょう。とにかく現時点の借入残高を減らすことに集中して、十分に減った時点や残高がなくなった時点で次の借り入れをすると、利息の負担を抑えられるようになります。