借入金の可能額はどうやって決まるのか

銀行や消費者金融で借入をするには、審査を受けなければならないのですが、その審査内容によって借入金の可能額や金利も決定をしていきます。

まず、借入金の可能額は年収や生活費などの支出などを総合的に見て判断をしていきます。そして、その借入金によって金利も決定をしていくのですが、一般的に借入金が多ければ多いほど金利が低くなるように設定をされています

借入金は年収などによって決まるとお伝えをしましたが、消費者金融の場合には、年収の3分の1以上の金額を融資してはならいという法律である総量規制が制定されています

例えば年収が100万円の方の最大借入金の可能額は33万円になります。200万円の方は66万円、300万円の方は100万円といったように上限が設定されていて、年収が1,000万円の方の場合には333万円になります。

この総量規制は借入をする1社での話ではなく、今現在借入をしている全ての業者のトータルが年収の3分の1を超えてはならないというものですので、例えば年収が300万円の方が既に100万円の融資を受けていた場合には、仮に他の業者であっても、新たに借入れることはできません。

ただし、この総量規制は消費者金融のみの対象となっていますので、銀行の場合には年収の3分の1を超える金額であっても借入が可能となる場合があります。ですので、先ほどの例のように年収が300万円の方が100万円の借入をしていた場合でも、銀行であれば他の審査項目が高評価となれば融資してもらえる可能性はあります

このほかにも、おまとめローンや借り換えローンなどの金利が低くなる借り換えに関しても総量規制例外貸付として、年収の3分の1を超えた場合の借入が認められています。

借入金の可能額は年収のみではなく、勤続年数や雇用形態、住居形態、同居人、家族構成などを総合的に見て判断をしていきますので、自分がどのぐらいの借入金の可能額になるのかを知りたい場合には、無料でシミュレーションなどもありますので、試してみてください。