キャッシング借入をして掛かる利息計算方法

お金を親や兄弟に借りたのなら、お金を借りた事で色々愚痴を言われます。そして遠い親族や友人や上司や知り合いなどに借りたのなら、お金を借りた事で恩を着せられます。どちらも、後々までお金を借りた事を言われたり、あの時、お金を貸したのだから、今度はこちらにもお金を貸してくれとか、嫌な事を言われたり面倒な事を押し付けられたりと、このようなわずらわしい事に遭遇しやすくなります。

そして、どんな人に借りてもお金を借りた事でお礼も要りますし、低い立ち居地になります。だから、身の周りの人に、お金を借りるものでは無いと言います。お金を借りて返したのなら、今後一切付き合いが無いと言う人ならば、気軽に借りると良いですが、あの時、お金の手助けしてやったと相手が覚えているのですから、そうはスムーズには行きません。そんな身の回りの人に借りると厄介だと感じる人には、キャッシングの業者に借入すると後々も何か相手からアクションを起こしてくる心配はありません。

しかし、キャッシング業者へは、毎月、借りた日数分の利息が必要になるのです。これが、キャッシング業者へのお金を借りた事へのお礼と思って良いでしょう。キャッシング業者は利息を受け取ってはじめて営業利益が出るシステムなので、この利息さえ払えば、完済時には、スッキリ縁を切る事が出来る気楽な所だと思います。

この利息は、幾ら掛かるのかと言うと、計算方法があります。借入金×金利÷1年×日数となります。それで、もしも30万円を借りて、その利息計算をしてみると、18パーセントの金利だとすると、30万×18%÷356日×借りた日数で利息が出ます。

30日借りたのであったのなら、4438円と出ます。こんな風に、利息は借入元金と日数に関わるものなので、借入元金を減らして、日数を短くすると、利息も少なくて済むことでしょう。キャッシング業者は多く利息がある方が儲けになるでしょうが、借入側にとっては利息は余分な支払いですから、少なくなるように考える為、利息を計算して見てみるのも良いでしょう。