キャッシング申込をして審査の時の在籍確認

お金が足りなくなると、何も出来なくなり、行動が停止してしまいます。そんな状態では生きていけませんので、キャッシングなどの業者に借入をしてお金を得る事を考えるでしょう。しかし、キャッシング業者は、お金が足りなくて困り果ている人ならば、誰でも貸してあげると言う訳ではありません。

キャッシングの申込をしたら、審査があります。その審査は、まず身分証明で本人かどうかを確認して、借入額は妥当かどうか、そして信用情報機関で調べて過去にキャッシングでのトラブルを起こしていないか、そしてちゃんと収入はあるのかどうかなどを調べます。収入はあるのかどうかと言うのは、申込時に勤務先名や勤務先の電話番号を言います。それを見て、電話を掛けてみて、本当に勤務しているのかと問い合わせするのです。

これは在籍確認を取るだけなので、キャッシング業者の名前は明かしませんし、個人名で電話をして、個人の用事があって、勤務先に電話をしたような対応をします。だから、勤務先には、キャッシングを今から借りたいから在籍確認を取っていると言う事が解らないように電話を掛けてくれます。勤務先にただ在籍しているのかどうかっと言うのを確認する作業であるので、本人が電話に出なくても良いのです。今、席を外しております。とか、今日はお休みになっています。など、勤務しているけれど電話に出ないだけと言うのが解ればそれで在籍確認は通るのです。

キャッシング業者によっては、個人名で在籍確認の電話を掛けるけれど、勤務先がどんな用事ですか?どちらの方ですか?などしつこく問い詰めて来る場合もあるので、その時は信販会社です。とか、クレジットカードの企業です。など、クレジットカードを作る為に電話したと明かす人も居ます。キャッシングは、信販もありますが、銀行系カードローンもあり、消費者金融業もありますが、それでもクレジットカードを作ると言うと、何か買うのかとか、カードを作るのかと、借入とは解りにくい為、そのように言う企業もあるようです。このように在籍確認が取れる事も審査の一部なので、重要な事柄です。