借入とは金融機関のローンを利用すること

身内から借金をする場合は個人間の貸し借りとなり、基本的に借入という言葉は使いません。借入とは金融機関のローンを利用する場合を指し、借入先は消費者金融や銀行などが主です。クレジットカードの場合は借入とは言わず、あくまで目的・多目的ローンを利用する場合が対象となります。

お金を借りると必ず生じるのが利息であり、利息なしのローンはありません。無利息ローンの場合は30日間などと有期限になっており、無期限の無利息はありません。実質年率に関しては最高20.0%に定められており、これを超える金利になることはないです。昔のキャッシングは29.2%まで黙認されており、グレーゾーン金利と呼んでいました。現在はグレーゾーンが廃止されたので、20.0%以下の金利設定になっています。

消費者金融の多目的ローンを利用する場合においては、総量規制という法律の適用となります。年収の3分の1が借りられる上限となり、他社の借入も含まれるのです。審査に申し込んでも受からないという方は、借りすぎ、または総量規制の上限を超えているケースが多いです。

無難に借入するためには、総量規制にこだわらずなるべく少ない金額で借りるべきでしょう。借りすぎれば返済は大変になるため、どこかで無理が生じてくるのです。無理な節約生活を強いられるとストレスが溜まりますから、毎月の返済額が大きくなる状態は避けたいものです。ただ、返済額を少なくするとローン完済に時間がかかり、多くの利息を支払うことになるでしょう。利息を抑えて短期間で返済するには、少なく借りる癖をつけておくことです。1回返済を意識して借りている方だと、借りすぎることはないので安心です。借りすぎている方に共通するのは、返済期間が何年にも及んでいることでしょう。キャッシングやカードローンは原則として1回返済が好ましく、多くても3~5回と考えておくと失敗しません。返済回数や期間を決めてから、借入額を詰めていく方法がベストです。

分割払いとリボ払いの借入残高の違い

お金を借りた後、まだ返済していない分の金額を、借入残高といいます。毎回の返済額の計算で使われる、重要な要素になります。一括払いや分割払いなどの方法でこの借入残高を返済していくことになりますが、ポイントとなるのが分割払いとリボ払いの考え方です。

1回で支払いが完了する一括払いなら、完済した時点で借入残高がゼロになりますので、とてもわかりやすいといえるでしょう。しかし、分割払いやリボ払いは月々の返済になりますから、借入残高がゼロになるまで日数がかかります

分割払いの場合だと、最初にお金を借りた時点で支払い回数が設定されますので、その回数分の月々返済を実行していけば、徐々に借入残高が減っていきます。一方のリボ払いは、必ずしも残高が減るとはいえません

リボ払いは契約中の借り入れのすべてが借入残高として計算されますので、借りれば借りるほど残高が膨らみます。期日に返済したとしても、返済した元金よりも多くの借り入れをしていれば、残高が以前よりも増えている状態です。

この時に注意したいのが、借入残高に対して利息の計算が行われる部分です。日割り計算で算出されますが、確定日の時点における残高と、金利や返済期日までの経過日数を使って計算することで、利息が判明します。

残高が多いほど利息が高くなる仕組みですから、いつまでも残高が減らなかったり逆に増える結果になれば、利息の負担が雪だるまのように膨らんでしまいます。この部分が分割払いとリボ払いの違いです。リボ払いは返済額が増えるリスクが高いといわれている理由がここにあります。

リボ払いで利息を抑えるなら、頻繁に借り入れを利用しないことです。特に繰り返し利用できるカードローンで発生しやすい問題ですので、気を付けましょう。とにかく現時点の借入残高を減らすことに集中して、十分に減った時点や残高がなくなった時点で次の借り入れをすると、利息の負担を抑えられるようになります。

借入金利の重要性とは

金融機関からお金を借りるときは金利の負担が発生しますけど、このような負担については契約をする前に確認をしておくことが大事です。借入金利は業者によって違いが出やすいところなので、利用する所によっては負担が大きくなることもあります。

ただ今の日本はゼロ金利政策が長く続いていますから、以前に比べるとお金を借りた時の負担は小さくなる傾向があります。金融機関を利用する時の金利は銀行だと軽くすみやすく、消費者金融の場合は重くなることが多いです。

銀行は審査の厳しいところですけど、その分お金を借りた時の負担が小さいので利用がしやすいです。それに対して消費者金融は審査が緩く色々な人に利用ができますが、金利の負担が大きくなりやすいので注意が必要です。

銀行と消費者金融は以前はお金を借りる時の負担に差があり、特に消費者金融からお金を借りると返済が大変でした。しかし今はどちらも似たような金利でお金を借りられるようになっていますから、返済がしやすくなっているので使いやすいです。

借り入れ金利について理解をしておく重要性としては、返済をする時の計画で必要になるという点があります。借りたお金は短期で返済をすることができればよいのですけど、大きなお金を借りたときは返済が難しくなることも多いです。

例えば住宅ローンや車のローンの場合は、数年~30年ぐらいかけて返済をするので金利の負担が大きくなりやすいです。そういうローンの返済では金利の負担が想像以上に大きくなるので、どの程度の負担になるのか計算をしておかなければいけません。

また一部の金融機関はお金を借りた時の金利が安い分、手数料を高く取るタイプの金融機関も存在します。そのようなタイプの金融機関は一見支払いの負担が軽いように見えますが、実際はかなり大きな負担になるので対応が必要です。借入金利については色々なことについて知っておくと対処がしやすく、借金を返済する時にトラブルが起こりづらくなります。

借入金の可能額はどうやって決まるのか

銀行や消費者金融で借入をするには、審査を受けなければならないのですが、その審査内容によって借入金の可能額や金利も決定をしていきます。

まず、借入金の可能額は年収や生活費などの支出などを総合的に見て判断をしていきます。そして、その借入金によって金利も決定をしていくのですが、一般的に借入金が多ければ多いほど金利が低くなるように設定をされています

借入金は年収などによって決まるとお伝えをしましたが、消費者金融の場合には、年収の3分の1以上の金額を融資してはならいという法律である総量規制が制定されています

例えば年収が100万円の方の最大借入金の可能額は33万円になります。200万円の方は66万円、300万円の方は100万円といったように上限が設定されていて、年収が1,000万円の方の場合には333万円になります。

この総量規制は借入をする1社での話ではなく、今現在借入をしている全ての業者のトータルが年収の3分の1を超えてはならないというものですので、例えば年収が300万円の方が既に100万円の融資を受けていた場合には、仮に他の業者であっても、新たに借入れることはできません。

ただし、この総量規制は消費者金融のみの対象となっていますので、銀行の場合には年収の3分の1を超える金額であっても借入が可能となる場合があります。ですので、先ほどの例のように年収が300万円の方が100万円の借入をしていた場合でも、銀行であれば他の審査項目が高評価となれば融資してもらえる可能性はあります

このほかにも、おまとめローンや借り換えローンなどの金利が低くなる借り換えに関しても総量規制例外貸付として、年収の3分の1を超えた場合の借入が認められています。

借入金の可能額は年収のみではなく、勤続年数や雇用形態、住居形態、同居人、家族構成などを総合的に見て判断をしていきますので、自分がどのぐらいの借入金の可能額になるのかを知りたい場合には、無料でシミュレーションなどもありますので、試してみてください。

キャッシング借入をして掛かる利息計算方法

お金を親や兄弟に借りたのなら、お金を借りた事で色々愚痴を言われます。そして遠い親族や友人や上司や知り合いなどに借りたのなら、お金を借りた事で恩を着せられます。どちらも、後々までお金を借りた事を言われたり、あの時、お金を貸したのだから、今度はこちらにもお金を貸してくれとか、嫌な事を言われたり面倒な事を押し付けられたりと、このようなわずらわしい事に遭遇しやすくなります。

そして、どんな人に借りてもお金を借りた事でお礼も要りますし、低い立ち居地になります。だから、身の周りの人に、お金を借りるものでは無いと言います。お金を借りて返したのなら、今後一切付き合いが無いと言う人ならば、気軽に借りると良いですが、あの時、お金の手助けしてやったと相手が覚えているのですから、そうはスムーズには行きません。そんな身の回りの人に借りると厄介だと感じる人には、キャッシングの業者に借入すると後々も何か相手からアクションを起こしてくる心配はありません。

しかし、キャッシング業者へは、毎月、借りた日数分の利息が必要になるのです。これが、キャッシング業者へのお金を借りた事へのお礼と思って良いでしょう。キャッシング業者は利息を受け取ってはじめて営業利益が出るシステムなので、この利息さえ払えば、完済時には、スッキリ縁を切る事が出来る気楽な所だと思います。

この利息は、幾ら掛かるのかと言うと、計算方法があります。借入金×金利÷1年×日数となります。それで、もしも30万円を借りて、その利息計算をしてみると、18パーセントの金利だとすると、30万×18%÷356日×借りた日数で利息が出ます。

30日借りたのであったのなら、4438円と出ます。こんな風に、利息は借入元金と日数に関わるものなので、借入元金を減らして、日数を短くすると、利息も少なくて済むことでしょう。キャッシング業者は多く利息がある方が儲けになるでしょうが、借入側にとっては利息は余分な支払いですから、少なくなるように考える為、利息を計算して見てみるのも良いでしょう。

賢く、また計画的に借りれば、キャッシングは本当に便利なサービス。

今でこそ、キツい借金の取り立てというものが少なくなりましたが、これがちょっと前でしたらけっこう大変なことになっておりました。こうした借金の取り立てって、ものすごく強引で、大変に怖いものだったんですね。まあ、今の時代、法的なもので守られたり、また業者事態もかなりクリアなものとなりましたから、昔のような取り立てはないんです。今はキャッシングでピンチを防ぐというのがあたりまえのようになってますね。ところで、深く考えてみますと、これにも腑に落ちないこともある。

いろんな例外はあるんだけど、どうしても現金が必要なのに、そのお金が手元にないっていうとき、これはもう、やっぱり借金をすることになります。この借金は仕方のないことでして。ただ、そのお金を借りるところを間違えてしまうと、やっぱり大変なことになってしまう。いわゆる闇金というやつですか、あれはひどいものですからね。昔の手段を選ばない取り立てに似たものがございます。そこでキャッシングというものがクローズアップされたんですね。

キャッシングの特徴をものすごく端折ると、ようするにクレジット会社や消費者金融などに申し込んで、それで簡単な審査を受け、それに通ったら、ATMなどを通して現金を借りることができるというものなんですね。このキャッシングサービスを提供してる会社は今はかなり多く、テレビのコマーシャルで紹介されてるようなところは大手で、信頼性も抜群。まあ、キャッシングは銀行のものや消費者金融のものなどがあり、それぞれ特徴は違いますから、ご自分に合ったところを探すといいでしょう。

また、キャッシングというのは不思議なものでして、何かしら本人確認ができるものがあれば、大きなローンを組むときに必要だった保証人や担保などもいらなかったりするんですね。 それでも一定額のお金を融資してくれる。大概の場合は一時しのぎに使うことが多いため、小口の利用が多いのですが、ある程度まとまった金額の融資を受けることもできるんです。この辺のことは個人個人、利用限度額ってものが設定されますから、一概には言えないのですが。

ややこしい言い方をしてしまいましたけど、ここで一番言いたかったことは、今ある消費者金融は信頼できる会社が昔よりずっと多くなったってことでございます。 ですからキャッシングと言いましても、顔を引き攣らせることはないんです。賢く、また計画的に借りるのであれば、これは本当に便利なサービスとなる。本当ですよ。

キャッシング申込をして審査の時の在籍確認

お金が足りなくなると、何も出来なくなり、行動が停止してしまいます。そんな状態では生きていけませんので、キャッシングなどの業者に借入をしてお金を得る事を考えるでしょう。しかし、キャッシング業者は、お金が足りなくて困り果ている人ならば、誰でも貸してあげると言う訳ではありません。

キャッシングの申込をしたら、審査があります。その審査は、まず身分証明で本人かどうかを確認して、借入額は妥当かどうか、そして信用情報機関で調べて過去にキャッシングでのトラブルを起こしていないか、そしてちゃんと収入はあるのかどうかなどを調べます。収入はあるのかどうかと言うのは、申込時に勤務先名や勤務先の電話番号を言います。それを見て、電話を掛けてみて、本当に勤務しているのかと問い合わせするのです。

これは在籍確認を取るだけなので、キャッシング業者の名前は明かしませんし、個人名で電話をして、個人の用事があって、勤務先に電話をしたような対応をします。だから、勤務先には、キャッシングを今から借りたいから在籍確認を取っていると言う事が解らないように電話を掛けてくれます。勤務先にただ在籍しているのかどうかっと言うのを確認する作業であるので、本人が電話に出なくても良いのです。今、席を外しております。とか、今日はお休みになっています。など、勤務しているけれど電話に出ないだけと言うのが解ればそれで在籍確認は通るのです。

キャッシング業者によっては、個人名で在籍確認の電話を掛けるけれど、勤務先がどんな用事ですか?どちらの方ですか?などしつこく問い詰めて来る場合もあるので、その時は信販会社です。とか、クレジットカードの企業です。など、クレジットカードを作る為に電話したと明かす人も居ます。キャッシングは、信販もありますが、銀行系カードローンもあり、消費者金融業もありますが、それでもクレジットカードを作ると言うと、何か買うのかとか、カードを作るのかと、借入とは解りにくい為、そのように言う企業もあるようです。このように在籍確認が取れる事も審査の一部なので、重要な事柄です。

キャッシング借入を申し込み審査を受ける基準

お金が無いと、生活が狂います。もしも何か欲しいと思っていても、お金が無ければ何も買えません。そしてお金が足りないのなら、今まで通りに生活ではなく、何かを我慢したりしなければいけません。

こんな風に、お金は足りないのなら、補い、そしてスムーズに暮らして行きたいものです。そんな時に活用したいのが、キャッシングの借入です。キャッシングは、とても気軽で便利だと思います。大きなお金を借りても一括返済ではなくて、毎月少しづつ返済して行く形になるので、困った時にでも、利用すると、スムーズな暮らしを過ごせます

しかし、このキャッシングは、誰にでも大きなお金を貸してくれる訳ではありません。そして、申し込みをしても貸してくれない時もあります。それは全て、申し込みをして、審査があるので、その審査の具合で査定されるのです。

審査は、まず、嘘の内容で無いかと、身分証明等で確認をしています。そして、安定して継続ある収入があって返済が出来る人かどうかの確認で、勤務先への在籍確認を取ります。とても大きな金額ならば、所得証明等の確認もします。そして、信用情報機関へ連絡を取り、過去5年以内で、金融関係とのトラブルが無いか情報を見ます。これは、延滞がないか、債務整理がないか、破産が無いかなど、金融の取引で事故が無かったのか確認をします。そして、他社から借りていないかなど、何件の他社から幾ら借りているかなどの確認もします。

このような、審査を受けて、そして企業内の査定により、返済能力を確認して、幾らまでなら融資しても大丈夫なのかを検討されます。消費者金融業だけは、賃金業法の総量規制で年収の3分の1以下の金額となります。そして、初めての取引ならば、更に控えめに、貸し出しされるというのが、基準となっています。

また、長い間スムーズに取引があって、完済出来て居る人には、信頼がついているので、多く貸してくれる査定をされる場合もあります。審査を受けるとこのような基準で確認されますので、それなりの準備をして行くと、借入安いと思います。

借りた情報に関するプライバシーは守ってくれる金融会社

業者から借りたいと考えている方々は、たまにプライバシーを気にしています。というのも中には、内緒にしたいと思っている方も見られるのですね。 現に私の親戚の1人は、それをかなり気にしていました。親戚の場合は、少なくとも配偶者にその事実を悟られたくないと思っていたのですね。ですので金融会社がプライバシーを守ってくれるかどうかを、大変気にしていました。

ところで結局親戚は事実を悟られたかと申しますと、結局発覚する事はありませんでした。というのも親戚がお世話になったキャッシングの会社の場合は、それにはきちんと配慮をしてくれたのですね。 そもそもあの会社から、今まで郵送物が届いた事もなかったようです。金融会社から電話が来ることはあっても、配偶者に対して会社名が出る事もほとんどなかったようですね。ですのでそのタイプの会社は、やはり内緒にしたいとのニーズに応えてくれるケースが多い訳です。

また借りる場合には、会社に対する連絡も心配ですね。人によってはお勤め先に対して、その事実を伝えたくないと思っているケースも多いのです。つまり職場に対しても内緒にしたいと思っている方も多い訳ですが、やはり金融会社はその事実が伝わらないように配慮してくれます。

そもそも会社から電話が来る時には、たいていは個人名になります。オペレーターの方から電話が来ることになりますが、弊社はモビットです等と会社名が出るケースはほとんど無いと考えて良いでしょう。 また会社に電話をかける時にも、いわゆる非通知にしているケースが多いです。番号は相手に伝わらないようになっていますので、やはり内緒にする事ができる訳ですね。

ただし銀行などの場合は、ちょっと事情は異なります。いわゆる大手の銀行などの場合は、あえて銀行名を出す事もあるのだそうです。ちなみにお勤め先に電話をかける時も、たいてい銀行名は出すようですね。それでも銀行からの電話という事で、借りている事実が伝わる可能性は極めて低いです。 すなわちキャッシングでは、内緒にしたいとのニーズに応えてくれる訳ですね。