FXは知識を蓄える事よりも慣れる事に重点を置くべきです

SBIFXトレードを使ってガッツリ稼ぐ日記

 

これからFX取引を始めようと考えている人に、私は言いたいと思います。FXと言うのは、習うよりも慣れる事が大事だと言う事です。この事は、どんな分野にも通じるとはずです。どんなに知識を蓄えたとしても、それが実践で役に立つとは限りません。確かに基本的な知識を蓄える必要はありますが、余り知識を蓄える事に重点を置くべきではありません。それよりも少しでも早く、SBIFXなどから取引を始めて見るのが良いと思います。

 

初心者の方のほとんどは、基本に忠実な取引を心がけるはずです。確かにそのやり方で、利益が出せる場合もあります。しかし基本に忠実な、通り一遍の取引を繰り返していたのでは、長い間に渡って利益を出し続けることなど不可能です。取引を始めて直ぐに壁にぶち当たり、利益が出せなくなる時が来るはずです。これは考えて見れば、当たり前な事だと言えます。

 

何故なら、基本に忠実な取引を繰り返していれば利益を出し続けることが出来るのならば、FX取引で損をする人などいないはずです。実際にFX取引で利益を出し続けられている人はほんの一握りで、多くの人は収支がトントンか損失の方が多くなってしまっています。FX取引で続けて利益が出せない人は、大概基本に忠実な取引を繰り返している人か、若しくは自分勝手な方法で取引をしてしまっている人です。

 

逆に言えば、FX取引で上手く取引が出来ている人は、その場その場で臨機応変に取引の仕方を変えているからです。FXは為替に投資をしますから、この先の為替の動きを読まなければいけません。ですが為替と言うのは、経済状態や政治や国際情勢など幅広く影響を受けてしまいます。ですから将来の為替の動きを読むと言うのは、一筋縄ではいかないのです。

 

基本に忠実な通り一遍の取引では、為替の動きを読んでいるとは言えませんから、続けて利益を出すことなど不可能です。やはり前述したとおり、FX取引は習うより慣れる事が大事だと言え、取引を重ねて行く内に為替の動きを読めるように練習をする事が大事だと思います。取引に慣れる為には、勉強料として時には損失を出すのも致し方ないと思います。損失を出したとしても、そこから何か一つでも学び取ることが出来れば、出した損失以上の利益を将来取り戻せるはずです。

 

 

大口の投資家の方々の発想などを想像してみる

SBIFXトレードを使ってガッツリ稼ぐ日記

 

FXでは、常に動きが発生しています。その動きの大きさの違いも色々ありますが、とにかくマーケットは動いている訳ですね。ところでこの金融商品では、たまに大口のトレーダーに対して注目度が集まっている事があります。というのもこの金融商品での動きを発生させているのは、大口トレーダーとの意見が目立つのです。そもそも外貨の動きが生じるのは、必ず何らかの理由があります。全く何も理由が無いにもかかわらず、外貨に動きが生じる事は、やはり考えづらいのです。その理由の1つが、前述の大口トレーダーです。

 

大口の売買をしている方々は、一気に多くのお金を動かせ傾向があります。それで例えば、米ドルなどが買われたとします。大口トレーダーの方々が米ドルを大量に購入すれば、少なくともマーケットに出回っている米ドル紙幣の数は、少々少なくなるでしょう。その分、米ドルの価格が上昇する訳ですね。商売の基本の1つです。逆に大口ではなく、あまり多くの枚数での売買をしていない方々による影響度は、それほど大きくありません。ですので個人トレーダーの方が売買をしたところで、あまり大きく動かない傾向があります。たいていは大口の方々が売買をしているので、大きな動きが生じる訳ですね。

 

ところでFXで利益を生み出したいと思うならば、その大口の方々の目線を考えてみる事も必要だと思います。もしも自分が大量のお金を保有していて、大口の方々と同じように売買をするなら、どのような思考になるかを考えてみる価値はあると思うのですね。その目線を保有しているだけでも、だいぶマーケットに対する考え方が変わってくると思います。いわゆる飛びつき買いなどを誘う売買の方法を身に着けると、FXでの成績も変化してくる傾向がある訳です。ですのでこの商品で稼ぎたいと思うなら、ちょっと大口の方々の考え方を色々勉強してみるのも一法でしょう。ただしそれは、一朝一夕で身につくものではありません。ある程度の時間投入などは、どうしても必要だと思います。

 

 

以前に比べれば出金の手間が少なくなった海外の会社

SBIFXトレードを使ってガッツリ稼ぐ日記

 

FXには、様々なタイプの業者があります。その1つが、海外の会社ですね。人によっては日本の会社ではなく、海外の会社に着目をしている事もあるでしょう。私もその会社は、確かにメリットが大きいと考えています。そのタイプの会社の場合は、まずレバレッジの大きさに大きな魅力があります。日本よりも遥かに大きなリターンが望めることもあるので、確かにそれは軽視できない一面もありますね。

 

また海外の会社の場合は、ボーナスなどが非常に充実している傾向があります。日本の業者ではなかなか難しいボーナスなども、海外の会社が採用している訳ですね。ですので海外の会社で口座を作る事を考えている方も非常に多いですが、その反面で手間に関する不安を覚えている方も見られます。というのも海外の会社の場合は、出金をする時に多くの手間がかかるとのイメージをお持ちの方も多いのです。

 

日本の会社の場合は、確かにあまり手間がかかりません。銀行振り込みなどによってお金を引き出すだけなので、特に多くの手間が発生しないメリットがあるでしょう。それに対して海外の会社の場合は、確かに多くの手間がかかってしまう事はあります。それを考えれば、海外の会社はデメリットが大きいとも考えられる訳です。しかしここ最近では、海外の会社もだんだんと状況が変わってきています。というのも一昔前とは違って、もっと利便性が高いシステムを採用し始めているのです。

 

例えばある海外の会社の場合は、電子マネーだけでなく日本の銀行の口座でも問題はありません。本来海外の会社では、電子マネーを使わないと入出金が難しい事も多いのですね、その会社では日本の銀行の口座でも問題無い訳ですね。そのような会社が、最近は少々増加してきている訳です。ですので一昔前と違って、海外の会社の利便性もだんだん高まってきていると思います。そして日本から海外の業者に流れる方々は、今後は増えていくとの意見も見られます。ですので今後は、海外の会社は利便性が高まる可能性もあると推理する次第です。

 

 

トレンドが発生していない局面もチャンスになるオプション

SBIFXトレードを使ってガッツリ稼ぐ日記

 

FXで売買をしている方々は、余り動きが無い状況は苦手だと思っている事が多いです。特に普段からトレンドを重視して売買をしている方々などは、その傾向が顕著です。実際私も、その気持ちはよく分かりますね。というのも私の場合は、数年前にはトレンドを追跡する売買スタイルを採用していました。大きな上昇トレンドが発生している時には、もちろん買い玉を保有する事になります。

 

ところでこの金融商品は、トレンドが発生しない事もある訳ですね。そして多くの方々は、そのような局面が退屈だと思っている傾向があります。というのもトレンドが発生していない時には、売買が難しくなってしまう訳ですね。私のように上昇トレンドを追跡するような方々の場合は、確かに売買しづらくなる事も多いです。そのような局面では建玉を保有するのも難しい訳ですから、相場が退屈になってしまいかねません。

 

ところでそのような悩みを抱えている場合は、思い切ってオプション取引を検討してみるのも一法なのですね。オプション取引は、FXの1つになります。比較的少ない枚数で売買をする事ができる取引ですが、それはやや特殊な売買をする事もできるのですね。

 

というのもオプション取引の場合は、上記のような動きが発生していない状況でも、チャンスになり得るからです。オプション取引には、レンジ内やレンジ外というやり方があります。ある一定のアレンジの内部にあるか否かを、判断する事もできる訳ですね。そのようなオプションのやり方の場合は、チャンスにもなり得る訳です。普段のFXではトレンドが発生しないので面白くない訳ですが、オプション取引の場合はそこで大きな利益が発生する可能性もあるのです。

 

ですので普段のレンジ相場が苦手な方々の場合は、ちょっとオプション取引での口座を作ってみるのも一法と言えるでしょう。ただしそのタイプの商品の場合は、試験などを受ける必要はあります。よく勉強をしてから、その口座を作る事になるでしょう。

 

 

モンテカルロによって利益が生じる仕組みとそのデメリット

SBIFXトレードを使ってガッツリ稼ぐ日記

 

FXで稼ぐ方法には、色々な選択肢があります。その1つとして、モンテカルロという方法が挙げられます。例えば現在の米ドルの価格が、131円になっていたとしましょう。それで今後は米ドルが上昇すると予想したので、買い玉を保有したとします。ところが米ドルの動きというのは、それほど甘いものではありません。時には自分の予想と反して、反対方向に動いてしまう事もある訳ですね。つまり上記の状況では、130円台などに下落をしてしまう事もあります。

 

この場合、その130.5などのタイミングで、買い玉を保有しているやり方もあるのです。その場合1枚だけを保有するのでは無く、例えば2枚などを保有するやり方もあるのですね。2枚を保有するメリットですが、130円ちょうどのタイミングでの建玉の損失分を埋め合わせることができる点です。それで例えば130.75円まで上昇した時などは、その埋め合わせ分によって結局利益になる事も多い訳ですね。

 

しかし米ドルというのは、やはり甘いものではありません。時には130.5ではなく、130円ちょうどなどに下落をしてしまう事もある訳ですね。しかしその場合でも、今度は4枚を保有するやり方があります。それで130.3などに再度の上昇をした場合には、やはり上記のような埋め合わせが生じる事もある訳です。それがいわゆるモンテカルロと呼ばれる手法になります。実際にFXで売買をしている方の中には、そのモンテカルロによって一定程度の利益が生じている事もあります。ですので悪くない手法と考えられる訳ですね。

 

しかしそれには1つ条件があって、ある程度の元資金は求められる事になります。ずっと下落が継続していけば、相当程度なお金が必要になってしまう訳です。ですので、資金が十分にある方々向けの手法であるとは言えるでしょう。ただ何も考えずに売買をするよりは、確かに利益が発生する確率は高いと思います。資金が十分にあるならば、上記のやり方も検討している価値はあるのではないでしょうか。

2016/06/13 13:40:13 |
FXでは、たまに円安の局面が到来します。もちろん円高になる事もある訳ですが、状況によっては円安になりやすいケースも見られるのですね。ところでここ最近のFXの相場の状況を見てみますと、どちらかと言えば円安ムードになっている雰囲気があります。少なくとも一昔前に比べれば、大きく雰囲気が変わっている事だけは確実ですね。一昔前の状況ですが、とにかく外貨全般が低迷していたのを記憶しています。例えば米ドルですね。数年前の米ドルなどは、かなり低い水準になっていました。80円台を記録している状況だったのですね。ところが最近では円安ムードになってきているので、現時点では120円台になっています。少なくとも数年前に...
2016/06/13 13:40:13 |
私が今後FXの口座を作るとしたら、恐らく自動的なシステムの有無を基準にすると思います。そもそも私は、今後はどこかのタイミングでFXの口座を作ろうかなと考えているのですね。現在使っているFXの会社も、決して悪くはありません。しかし最近ではちょっと限界も感じているので、新たな会社で口座を作るのも悪くない選択肢の1つだとも考えています。ですので、いずれはどこかの会社で口座を作ることになるでしょう。ところでその場合は、やはりどこかの会社を選ぶことになると思います。そして非常に多くの会社の中から、自分にとって最適な所を選ぶ必要がある訳ですが、その際には冒頭で申し上げた自動の有無を気にすると思うのです。そ...
2016/06/13 13:40:13 |
私たちが利益を生み出す為には、いわゆる数字データなどを参照する事が多いです。あくまでも客観的な数字を集めてみて、様々な判断を下すことが多い訳ですが、ある程度の経験を積むとまた別の基準で判断できる場合があります。その1つが感性なのです。例えばFXでは、いわゆる数字データなどで売買のチャンスなどを察知する事が多いでしょう。RSIが70になった時には、ボリンジャーバンドにタッチしているか否かなど、様々なデータを用いて判断する事も多いですね。現にそのような数字を基準にして、売買を行っている方々も多く見られます。そして利益を生み出している方も、多々見られる訳ですね。ところがある程度経験を積みますと、今度...
2016/06/13 13:39:13 |
私たちの身の回りの品物は、刻一刻と物の値段が変化しています。例えば食料品などは、常に値段が変化しているのですね。目では見えづらいのですが、確かにその値段は動いています。例えば穀物などです。いわゆる米や野菜類等の値段は、刻一刻と変動しているのですね。なかなか目で実感するのは難しいですが、確かに変動はしている状況です。ここ最近では、野菜の値段は徐々に上昇してきているようですね。色々と気候的な要因などによって、野菜の値段が上がるケースも決して珍しくありません。ところで野菜などの値段の変化は、実はFXとも関係があるのです。一見何も関係ないように見えて、実は相互に関連性は見られるのですね。なぜなら野菜類...
2016/05/31 13:38:31 |
今はテレビCMやネットのサイトのバナーなどで、FXに関連したモノを見ない日はありません。これほどFXに関したものを目にすると、自然とFXに関心を持つ事になると思います。FXの事を調べて見ようと書店に行ってみると、数多くの本が置かれています。どの本もFXでこれだけ儲かったとか、FXで元手を何倍に出来たとか、良い話のモノばかりが並べられているのです。この様な光景を目の当たりにしてしまうと、そんなにFXをやると儲かるのなら、自分もやってみようと言う気になるはずです。しかしこのような本を見てFXを始めるのは、少々早計と言わざるを得ません。何故ならFXをやれば、誰でも儲ける事が出来とは限らないからです。...
2016/05/31 13:38:31 |
海外FXの会社を選ぶ時には、やや慎重になる必要があります。なぜなら日本と違って、規制に関する問題が色々と異なるからです。日本の場合は、総じてFXの会社に対する姿勢を、かなり厳しめに設定しています。というのも過去に色々な事情があって、それ位厳しくした方が良いと判断されたのですね。ですので現在の日本の業者は、昔に比べるとだいぶ淘汰されている状況です。昔は色々と悪い業者を多かったのですが、現在の日本で生き延びている業者は、それなりに優秀だと思っています。ところが、それは日本国内での話ですね。海外の業者となると、また話は大きく異なってくるのです。そもそも日本のルールを海外に適用しようと思っても、残念な...
2016/05/31 13:38:31 |
ファンダメンタルズ分析は参考程度に為替レートが大きく動く要因として各国の経済収支、財政状況、物価の状態などの経済指標が発表されたとき、金利の変動、中央銀行の市場介入、国際紛争・天変地異、大口の投機などがあります。FXで売り買いを行っている投資家はこれらのファクターを判断材料にしています。たとえばアメリカの雇用状況が悪いと発表があればドルが売られ円が買われるとった動きになるなどです。しかしこういった発表があってもほとんど動きを見せないあるいはセオリーとは逆の動きを見せることがあります。それはそういった発表がすでに織り込み済みになっている、単純な発想では分からない理由が存在するため(例えば大地震が...